G-0V1GM1F06G

“粉末納豆菌”から作る「納豆」~海外生活お役立ち情報【食材編】①

ネパールに限らず、海外生活をしている人たちの悩みの一つは「食」だと思います。 もちろん国によって事情は異なりますが、海外では日本に住んでいる時のように食材が手に入らないことも多いもの。 日本の食材が手に入らなかったり、入ったとしても高かったり、品質が少し違っていたり・・・

私たちが住んでいるのは、ネパールの地方都市の中では大きな町なのですが、日本食材を売っている店はありません。 ネパールでもカトマンズやポカラに行けば日本食材店もあったりするのですが、やっぱり目玉が飛び出るほど高い
日本から運ぶにも限度があるし、ネパールの地方都市は郵便事情も当てにならない。 しかも日本食だけでなく、西洋料理の食材も手に入らなかったり高かったり。 なので食を充実させるために、色々と手作りをするようになりました。 うまくいったりいかなかったり、試行錯誤の繰り返しなのですが、海外在住の方々や手作りチャレンジ派の皆さんのヒントになればと、努力の一端を紹介していきたいと思います。
 第1回目の食材は「納豆」 ネパール移住が決まった時、いの一番にどうしようかと思ったのはこの納豆でした。 とにかくサントスは、毎朝納豆がないと気が済まない人なので、まずはgoogle先生に「ネパール 納豆」と尋ねてみました。結果「キネマ」という納豆に似た食べ物があるらしいとか、カトマンズでは手に入る店があるらしいという情報は見つかったのですが、やはり毎日食べるためには自分で手作りするしかなさそうです。 なのでどうやったら自作できるか、日本で調査して3つのものを持っていきました。

納豆を自作するために役立つアイテム

 「納豆菌」の粉末
粉末3gで、なんと10~30kgの納豆が作れるようです。

🌸海外在住者におすすめ

 

この記事が気に入ったらいいね!してね♡