【ちょっと真面目なお話】 ネパールのお仕事事情~主要産業は`出稼ぎ‘⁈

ネパールで暮らし始めて驚いたことのひとつは、一家の大黒柱や若者が外国で仕事をしている家庭が多いことでした。今日はネパールのお仕事事情について少しご紹介します。日本とまるで様子が違うことにびっくりされることでしょう…。

 

出稼ぎに頼らざるを得ない現状 

ネパールの主要産業は農業

 

ネパールでは農業人口が一番多く、これといった産業がありません。色んな人と話した感触では、2軒に1軒は家族が外国に出稼ぎに行き、離れ離れの生活を送らざるをえないようです。 

友人たちにご主人はどこに住んでいるのか尋ねると、マレーシア、ドバイ、インド、オーストラリア、日本、韓国など。加えてアフガニスタンやイラクという名前を聞いたときは、にわかに信じるのが難しかったです。
在日ネパール大使館のホームページには、こんなデータがありました。 
2016 年までの主な出稼ぎ先
1.マレーシア
2.カタール
3. サウジアラビア
4. UAE
5. クゥエート
海外への出稼ぎ労働者数
1993年  3,605 
2001年  104,736 
2010年  354,716 
2016年  418,713 
 2001年から海外への出稼ぎ労働者が格段に増えはじめ、2016年までの15年で4倍のネパール人が海外に流出しているのがわかります。最近は日本政府もより多くの外国人労働者を受け入れる方針ですが、その中にはネパール労働者も含まれています。
また、ネパールは昔イギリスに攻められた時に、ネパールを守った『グルカ兵』の存在があります。イギリスはこの『グルカ兵』に一目置き、今でもイギリスの傭兵として雇っています。かつては地球の反対側のアルゼンチンのフォークランド紛争にも帯同させたほど。そんな『グルカ兵』の功績のためか、マレーシアや中東ではネパール人はセキュリティの仕事を任されているそうです。

 

 

リスクの高いインディアン・アーミー

“インディアン・アーミー”イメージ図

 

先日、ローカルバスで乗り合わせたご家族は、ご夫婦とも22,3才くらい。小さな赤ちゃんがいて仲睦まじい様子でした。「どちらに行かれますか?」と聞くと、ご主人はインドのカシミールに行く、これからインドの国境まで奥さんが赤ちゃんを連れて見送りに行くとか。

話を続けると、ご主人はインディアン・アーミーで任地はパキスタンとの国境、シリアのテロリストが活動している地域とか。

 

インド カシミール地方

 

「危険なところじゃないですか」と言うと、
「そうですよ。明日、生きているかも分からない。ネパールは政府が若者に仕事を作ってくれないから、外国に行くしかないんだよ」と。

愛らしい奥さんと赤ちゃんとは、一年に2,3ヵ月お祭りの時期だけネパールに戻ってきて過ごすことができるとか。

 

思わず「そんな危険な仕事をしてひと月にいくらもらえるんですか?」と聞いてみた。
すると「1ヶ月7,8万ルピー、15年任期を終えたら200万ルピーもらえるけど」と。

現在、1ルピーは0.95円ほど。充分とも言えない金額で命がけの仕事をしていることに、こぴらはとても切なくなりました。でもネパールの女性は、そうした家族の事情をどっしり受け止めているようで、奥さんは終始笑顔でした。

 

 

No.1の出稼ぎ先 マレーシアの現実

大都会 マレーシア・クアラルンプール
また少し前に私たちは、マレーシアに一ヶ月ほど滞在したことがありました。
マレーシアはどこへ行ってもネパール人がセキュリティの仕事に就いており、英語があまり話せない私たちは分からないことは彼らに聞けてとても助かりました。
ネパール語で話しかけると、日本人がマレーシアでネパール語で話しかけてきた!と笑顔で話が始まります。

でも、話してみると彼らの仕事も過酷でした。

セキュリティの仕事は、デイ勤務とナイト勤務の12時間勤務、2交代制

日勤と夜勤の切り替えの日には24時間連続勤務。ほとんどの人は年に1日も休みがなく、5年勤めてようやく契約が終わるのだとか。中には17時間勤務休みなしなんて人にも会いました。

 

住居環境も良くなく、何十台ものベッドの並ぶ部屋で、日勤・夜勤混じって共同生活なんて部屋も普通です。マレーシアに住む友人が言うには、マレーシアに住むネパリの暮らしは人の暮らしではないと。

5年も休みなしに働き続けると、身体も精神もボロボロになりそうです…。

実際に、朝起きたら同室に住む同僚が過労死していたという話も聞きました。しかもマレーシアでのネパリの平均月給は4万円ほどとか。日本でもブラック企業が問題になっていますが、世界中人々の暮らしは厳しいですね…。
 

一方、欧米や日本でそれなりの額を稼いできた人は、ネパールではお金持ちです。10年~15年外国で働いたお金で大きな家を建てて、一階は貸し部屋にして家賃収入を得て、土地転がしをして、その後の暮らしを立てているようです。

現在、ネパールの海外送金の対GDP比率は32.3%。南アジアの中でも突出していて、出稼ぎに頼らざるをえない経済構造になっているようです。とはいえ出稼ぎに家族を送り出せるのは、比較的裕福な家庭。ネパールでも貧富の差は大きいです。いつかこんな状況が良くなる世の中が来てほしいものです。 

修理などをして細々と生計を立てるご主人

 

ネパールの市場で野菜を売る人々

 

風刺ポエムご紹介
पाकिस्तानमा कप जित्ने प्रधानमन्त्री बन्ने, 
भारतमा कप धुने प्रधानमन्त्री बन्ने, 
नेपालमा चाहीं गफ दिने प्रधानमन्त्री बन्ने !😂😂 
パキスタンは優勝カップを獲得せよと大臣が言う 
インドは優勝カップを洗えと大臣が言う 
ネパールといえば、ムダ話(ガフ)をせよと大臣が言う…

 

仕事がないからムダ話でもしていなさい?ネパールの日常を皮肉ったポエムです。 
※ネパール語ではカップとガフ(無駄話・世間話)という語ががかかっていて、ちょっとしたシャレになっています 
少々重い話になってしまいましたが、現地で感じる問題についても、少しお伝えさせていただきました。 

ネパール産業を活性化するために始まったコーヒー物語はこちらから

関連記事

今回、ネパールで最初にコーヒー農園を始められた『The Everest Coffee』のサンタ・バール・ラマさんに、お話を伺うことができました。 なぜネパールコーヒーのルーツは日本にあるのか、興味深かったお話をまとめてみたいと思います[…]

staffs
関連記事

日本に帰国すると「ネパールはどうですか?」と、よく聞かれます。 一言で言うと「まるで違う」のですが、どんな風に違うのか、ネパールの生活事情を少しまとめてみたいと思います。ほとんど愚痴のように聞こえたら、ごめんなさい…^^; 今回[…]

vegtable in nepal

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

この記事が良かった方、役立った方はぽちっと応援お願いします↓↓↓

この記事が気に入ったらいいね!してね♡