【保存版】在住者おすすめ!カトマンズ・タメル地区のおすすめレストラン 8選

ネパールのカトマンズポカラのツーリストエリアは、世界一各国料理が安く食べれるエリアとして知られています。

調理しているのはほぼネパール人ですが(中華料理以外)、彼らは器用なようで味はとても本格的です。ネパールにお越しの際には、色んな国の料理をぜひ楽しみたいですね。

私たちはネパールの地方都市に住んでいますが、カトマンズには日本からの入国・帰国時、そして様々な用事のため年に数回滞在しています。その際、食事はすべて外食です。

それで今回は私たちが、色々行ってみて定番にしているカトマンズ・タメル地区のおすすめのレストランを一挙公開します! 

ネパールレストランの注意点

ネパールは衛生面など日本とずいぶん違っているため、ひとつだけ注意点を述べたいと思います。

こぴら
お店で出される水は飲まないでね!
サントス
大きい水のボトルから汲まれる水でも観光客は煮沸した湯冷ましでないとお腹をこわしてしまう

 

在住者はけっこう「タトパニ ディノス(お湯を下さい)」と注文します。またはミネラルウォーターを注文しましょう。

 

旅行者さん
ローカルなお店にテーブルごとに置いてあるペットボトルは、何だろう?
サントス
あれは皆で回し飲みするためのものなんだよ

ローカル食堂にあるボトルは口をつけずに回し飲みするのがマナーです。ただこのボトルの水は大きなボトルから詰め替えたもの。外国人は飲まないのが無難です。

ミネラルウォーターやレモンソーダ、ビールなどをたのみましょう。

関連記事

こぴら 海外旅行は水に気をつけないとね サントス いちばん基本的なことだね ネパールは他のアジア圏に比べても、発展途上国らしい所だと聞いていました。なので、最初に旅行で訪れた時には、水[…]

ネパールのレストランのTAXと予算

ネパールのレストランはTAXがかかる店とかからない店があります。4つに分類されます。

  • TAX 10%  サービス料 13%  合計23%割り増しになるお店
  • サービス料13%が割増しになるお店
  • TAX 10%のみ割り増しになるお店
  • TAXがかからないお店

例えば、食べ物と飲み物でRs.1,500かかった場合、23%の店だとRs.1,845になります。

1日の食費の予算を決めたら、TAXのかかる店とかからない店を組み合わせて、メリハリをつけて楽しむのがおすすめです!

 

ネパールのアルコール類は高い!

beer of nepal

 

ネパールではアルコール類は高いです。料理がRs.300ビールがRs.400なんてこともよくあります。アルコール類はできればTAXのかからないお店で飲みたいですね。

 

スーパーや酒屋などでビールなどを買ってホテルの部屋で飲むこともあると思います。ビールやアップルサイダーなどもお店によって値段が違います。 例:アップルサイダー 酒屋RS.120 スーパーRS.150 など
何件か値段を聞いてみましょう。

それでは、前置きが長くなりましたが、私たちのおすすめのお店をご紹介します〜(*^^*)

 

タメル地区のおすすめレストラン

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ロードハウスカフェ 【イタリアン】

in kathmandu
ロードハウスカフェ外観

店内の様子と雰囲気

in kathmandu

お洒落な店内で食事を楽しめます。店内は広く、席数も多く、内庭が喫煙席になっているようです。照明は暗めで雰囲気も良いです。ざっと見たところ欧米人が7割ほど。ネパール人はあまり見かけません。人気店なので、夕方6時前に店に入れると安心ですね。

 

メニューと価格 Tax23%

ピザはハズレがなく、欧米系の人は一人1枚頼んでいます。1枚Rs.500-900ほど。

こぴらのおすすめは“スモークチキンサデコ”です。Rs.380ほど。

in road house cafe
smoke chiken sadeko
サデコって何? “サデコ”とは、ネパール料理でお肉を玉ねぎ・トマト・クルサニ(生の青唐辛子)で炒めて、スパイスとレモンで味付けしたものです。

サデコは庶民的な食べ物ですが、こちらの“スモークチキンサデコ”はお洒落に生まれ変わっています。見事な伊ネパ折衷料理になっています。

チョコレートケーキも人気メニューです。食べる前に温めてくれて、中からとろーりとチョコレートが溶け出してきます。

予算 アルコール類なしで、2人でRs.1500-2500ほど。

 

食べた感想

日本の美味しいカジュアルイタリアンの味です。

私たちはだいたい夫婦二人で、ピザ1枚、スモークチキンサデコ、フレンチフライ(ポテト)を頼みます。ピザは外れなく美味しいですが、どちらかというとトマト系がおすすめです。

 

こんな人に

雰囲気よく、ゆっくりお食事したい人におすすめです。

店舗情報

エベレストモモセンター 【モモ専門店】

in kathmandu
エヴェレスト モモ センター

店内の様子と雰囲気

20人も入れば一杯になってしまう小さなお店で、お客はほぼネパリです。お世辞にもきれいと言えない店内で、外国人だとじろじろ見られます。

メニューと価格 Taxなし  

メニューはモモと、ソフトドリンクのみ。モモとイスプライト(皆知っている『スプライト』ですが、ネパールでは『イ』を付けないと通じない^^;)で140Rs.でした。モモはたしかRs.90です。

モモとは? モモとは、お肉や野菜のあんを、小麦粉で作った皮に包んで蒸したもの。ネパール版餃子のようなものです。ネパールでは軽食によく食べます。肉は鶏やバフ(水牛)が一般的。安くてボリュームがあるので節約したいときにはイチオシ。

予算 2人でRs.200~400。

 

食べた感想

at evelest momo senter

スープをかけるモモで、このスープが他のお店では食べたことのない独特のスープで美味しいのです。辛いのではなくヨーグルトのホエー(乳清)ような酸味とまろやかさがあり、ゴマがベースになっていて、ダニヤ(パクチー)がけっこう入っています。お肉はバフ(水牛)のみです。スープはお代わりに来てくれて、あまりの美味しさにみんなお代わりしています。

こんな人に

このお店でしか食べられない、地元ネパリのソウルフードです。地元の人の人気店に足を運んでみたい人におすすめ。

店舗情報

モモの後のデザートにアイスクリームはいかが?

in kathmandu
DDC ice-cream店舗

この“エベレストモモセンター ”からまっすぐ2.3分歩いた、次のバス停(ラインチョール)の裏に『DDC』という乳製品で有名な工場の売店があります。Rs.50で美味しいアイスが食べれるので、食後のデザートにお勧めです。

※【ラインチョールの場所はこちらの記事で確認】

『DDC』の売店、アイスクリームの売り場は地下になっています。少し入り口が分かりにくいですが、「アイスクリーム カハン パインチャ?(どこでアイスクリームが買えますか?」と聞いてみましょう。

地下の部屋に椅子がありそこで食べれますし、表のベンチで食べている人もいます。

ムスタン タカリチュロ 【ネパール料理・ダルバート屋】

Dal bhat in nepal

料理上手で有名なタカリ族の作るダルバート屋さん。路地を入った小さな入口の三階になります。店主は日本語がペラペラでフレンドリーです。

店内の様子と雰囲気

入り口を見つけにくいですが、店内に入ると広いです。やや薄暗いお店ですが、テーブルも広くて落ち着けます。ダルバートは食べ放題システムなので、お腹を空かして行くことをお勧めします。

メニューと価格 Tax23%

魚かカシ(やぎ)のダルバートがオススメです。やぎは好き嫌いが分かれますが、マトン(羊)が食べれる人は美味しいと思います。

バートをディロにもできます。

ディロとは? ディロは蕎麦やヒエなどの粉をお湯で練ったもの。蕎麦がきのようで美味しく、体を温めると言われています。マカイ(トウモロコシ)かファパール(蕎麦)かと聞かれたら、ファパール(蕎麦)がおすすめです。

 

こちらはネパールのお酒も置いてあります(1杯Rs.120 ほどで安いそうです。サントスはこれが目当てでこのお店に行きたがります)。

予算 2人でRs.1000-1500

 

食べた感想

ネパールの本当に美味しいダルバートが味わえるので、旅行者の皆さんにも足を運んで見てほしいお店です。全て美味しいですが、気に入ったおかずがあれば「ヨ ケ ホ?(これはなんですか?)」と聞いてみましょう。

こんな人に

ダルバートに舌の肥えたネパール在住者の皆さんにも、旅行者の皆さんにもおススメです。

安くお酒を楽しみたい方にもおすすめ。

※ダルバートの食べ方はこちらの記事で解説しています↓↓

関連記事

こんにちは。サントスです。 今回はネパール料理基礎講座を開講したいと思います。 この講座はネパール料理の基本であるダルバートとは何か、どのように食べるかについて理解を深めていただく目的で開講いたします。 ①ネパールでの「食事[…]

Dal bhat in nepal

店舗情報

ヤンリン 【チベット料理】

チベット料理お手頃でおいしい庶民のお店です。

店内の様子と雰囲気

少し分かりにくいところに移転してしまい、タメルのちょい外れになります。三階建ての建物の2,3階が食事スパースです。お客はネパリの若者と、バックパッカー風の外国人と半々くらいです。お店はまずまずきれいです。

メニューと価格 Taxなし

モモ、チョウミン、フライドライス、タンツゥクなど定番のチベット料理が食べれます。

予算 2人で料理のみだとRs.600-1000ほど。

 

食べた感想

オススメは、いくつかあります。

タントゥクという太い麺のチベットラーメン。ブングル(豚)は、日本のラーメンを彷彿させます。スープが身体に染みわたります。

バフフライ。チリは辛すぎるので、普通のがおすすめです。ビーフジャーキーの炒め物のようで(お肉は水牛の肉です)、お酒のおつまみに最適です。

フライドライス。チャーハンです。今回はベジでしたが、ギウ(ネパールのバターのようなもの)をふんだんに使っていてコクがあり、美味でした。

④ブングルのコテモモ。モモで豚肉を使っているのは珍しいのですが、コテモモは焼いたモモになります。さながら日本の焼き餃子のようで、サントスのオススメです。

こんな人に

食費を抑えつつ、美味しいものを食べたい人におすすめ。時間がないからさっと食べたいときにもおすすめ。割と早く料理が出てきます。

店舗情報

ギリンチェ 【チベット料理&洋食】

in kathmandu
gilingche外観

こちらはチベット料理、ネパールのカジャ(軽食)、お手軽洋食などが食べられるお店です。私たちがネパールで一番最初に入った思い出のお店でもあります。

店内の様子と雰囲気

通りから奥に入るものの便利な場所にあり、店内は30-40名は入れそうで、お洒落ではないけれどきれいです。お店の人が愛想がよく感じが良いです。わりと空いています。

メニューと価格 Taxなし

in giringche
インドのお洒落ピラフ“ビリヤニ”

 

モモやトゥクパなど、チベット料理も食べられます。メニューが豊富で、パスタビリヤニ(インド風お洒落チャーハン)、サンドイッチも食べれます。リーズナブルで、軽い食事をしたい時におすすめです。

予算 料理のみ、2人でRs600-1000

 

食べた感想

何を食べても外れがないです。季節によってはポテトフライがめちゃ旨です(黄色っぽいお芋になります)。ネパールのじゃがいもはすごく美味しいよ!芋好きのこぴらが言うから間違いない(^^) 少し待たされることが多いので、時間に余裕がある時に行きたいお店です。

肉まんのようなお料理もありました。中に豚肉ぎっしりでものすごいボリュームでした!

こんな人に

いろんなジャンルのものが食べれるので、同伴者と食べたいものが一致しないときにも。また節約しつつ美味しいものを食べたいときにもおすすめです。

店舗情報

❛ギリンチェ❜ 

ピクニック 【韓国料理】

in kathmandu
ピクニック1号店

店内の様子と雰囲気

in kathmandu
ピクニック2号店

韓国料理のお店です。最初は小さな部屋が2つのお店でしたが、昨年くらいに近くに別館ができ、わりと落ち着いた雰囲気で食事ができます。別館はテーブル同士が離れているため友人とゆっくり色々話し込むのにも向いています。本館は座敷にちゃぶ台だったような…。

 

メニューと価格 Tax10%

サムギョプサル(豚の3枚肉の焼き肉)は二人前でRs.1700くらいと少しお高め。夜も食べれるランチボックスがRs.500ほど、手ごろで人気があります。全体に最近値上がってしまったのが残念ですが、2人でビールも飲むと,Rs.1500~2500くらいです。

予算 アルコールなし 2人でRs.1200-1700

 

食べた感想

手頃でまずまず美味しいです。サムギョプサル(豚の3枚肉の焼き肉)が一押しですが、海苔巻き、ビビンバもまずまず、ビビンバのような丼で牛肉の物も(名前忘れました)牛がいっぱい入っていて食べ応えがありました。

豚のカツレツは、びっくりするぐらい肉が薄いのでおすすめしません…(;´・ω・)

こんな人に

韓国料理を日本よりお手軽に食べたい人、ゆっくり食事をしたい人にお勧めします。

店舗情報

❛ピクニック❜ 10:00-20:30

 

Dorje Restrant 【ネワリ居酒屋】

in kathmandu
dorje 外観

店内の様子と雰囲気

タメルとアサンの間にある、ジャタというところにある居酒屋です。旅行者はかなり入りにくいですし、はっきり言って品のいい雰囲気ではありません

店にはほとんど地元の人しかいません。ものすごく賑わっていて相席必須です。 

お店は親族経営ですが、みなさんテキパキ、にこやかで感じがいいですよ。

あまりにコスパがよくて一度行くとはまってしまう危険なお店です(笑)

メニューと価格 Taxなし

左のお酒がトゥンバ

トゥンバというヒエを発酵させたものに、お湯を注いでストローで飲むという変わったお酒がなんとRs.110で楽しめます。トゥンバにお湯は3-5回継ぎ足せます。

チベット料理かと思ったら、ネワール料理という事でした。

トゥクパ、タントゥクなど麺も美味しいです。麺や、定番のモモなどはRs.150前後。

このお店に私たちが通う最大の目的は、バフ(水牛)のジブロ(タン=舌)です。バフタンのサデコ(辛みと酸味の利いたネパール料理)が絶品です。もっとシンプルな茹でタン、焼きタンもあります(私は焼いたのが好み、夫は茹でたものが好みです)。値段も激安で一皿Rs.160‼

予算 アルコール込みで2人でRs.800-1000

 

食べた感想

in dorje
絶品‼バフタン サデコ

 

どの料理も外れなく美味しいです。サントスはここのトゥンバが大好きです。

バフのタンは牛タンとほとんど同じ味です。バフの肉は牛とまるで味が違っているのに!

牛タンが好きな人なら、バフタンも好きなはずです。

 

こんな人に

雰囲気は今一つでも、安く飲み食いしたい人地元色の濃いお店に行って見たい人。店内は禁煙ではなく、分煙なしですので悪しからず…。

店舗情報

❛Dorje Restrant❜ 12:00-21:00

※名前は載っていませんが赤いピンの辺りです

なごみ 【日本料理】

 

店内の様子と雰囲気

タメルの中で私たちが気に入っている日本食レストラン。木を使った清潔で落ち着く店内です。やはり日本人のお客さんが多いです。ゆっくり食事ができる雰囲気です。スタッフの応対も日本に近いかも…(^^)

メニューと価格 Tax不明

かつ丼、天丼、煮込みうどん、ハンバーグなどメニューも豊富。お値段も手ごろで大体のメニューがRs.500以下だったような…。私たちは日本食は自分で作るのであまり高い店にはいきませんが、ここが手ごろで味も雰囲気も良いと思います。

予算 2人でRs.1000-1300

 

食べた感想

どのメニューも外れがないです。量はやや少なめなのでがっつり食べたいときは“絆”“ちゃちゃカフェ”の方が良いかもしれませんが、ご飯のお代わり確か無料でしたよ!

こんな人に

友人や家族とゆっくり明るい店内で食事をしたい方。日本の食堂のようなクオリティを求めている方。

店舗情報

まとめ

street in kathmandu

世界各国のレストランが味を競うカトマンズ・タメル地区のレストラン。その中でも、比較的手ごろでおすすめのお店をご紹介してみました!ネパールに来られる際には、グルメも楽しんで帰ってくださいね。

 

合わせて読みたい

ポカラのおススメレストラン8選

関連記事

ネパールで人気№1の街は何と言ってもポカラでしょう。神々しいヒマラヤを後ろに従え、澄んだフェワ湖にヒマラヤが映る、空気のきれいな町です。 どこかのリゾート地と勘違いしそうな、あまりの居心地の良さに、沈没してしまうバックパッカーたちも多[…]

in nepal
関連記事

毎年、日本〜ネパールの往復に加えて、東南アジアや中国など途中の中継地点でも旅している、こぴら&サントスです。加えて、ネパール国内でも数日間のバス旅をすることが多いので、さすがにだいぶ旅慣れてきました。今回はそんな私たちが手放せない旅[…]

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

この記事が良かった方、役立った方はぽちっと応援お願いします↓↓↓

 

in kathmandu
この記事が気に入ったらいいね!してね♡