ネパール料理基礎講座④ レシピ【バンダ(キャベツ)のアチャール】

ネパール人の友人ウサさんから習った“ネパール料理講座”。
第4回目は、『バンダのアチャール』です。

アチャールとはネパール料理のなかで、漬物のようなジャンルになります。
主役ではないけれどアクセントになり、ダルバートを格上げしてくれる…そんな存在です。

一般的にはアチャールと言えば、生のトマトと生の唐辛子をすりつぶしたものが、良く添えられています。とはいえ、このアチャールもレパートリーが広く、今日のダルバートのアチャールは何か?ドキドキするのです。

そのアチャールの中でも、バンダ(キャベツ)を使ったものが、サラダのようで美味しくこぴらのベスト3アチャールに入ります。

日本の食卓にも良く合うと思いますし、カレーに添えるサラダにもおすすめな、サラダ感覚で食べれるバンダ(キャベツ)のアチャールを今日は紹介します。

バンダ(キャベツ)のアチャール 作り方

ターメリックの色が暑い中でも食欲をそそります!

 

材料 6人分くらい

バンダ(キャベツ) 4分の1個
カンクロー(きゅうり) 500㌘
ジャガイモ 大4つ(日本の物なら2-3個)
クルサニ(生の青唐辛子)小4つ(日本ではしし唐辛子で代用なら1~2本)
ピャーズ(玉ねぎ)1個半(日本の物なら半分くらい、紫玉ねぎがおすすめ)
トマト 2個(70グラム)

カガティ(レモン) 3-4個(日本の物なら1個)
生ダニヤ(生パクチー)お好みで数本から十数本
黑ティル(黒ごま) 30~40㌘
トリコテール 大さじ4(なければオリーブオイルやサラダ油でも)

※塩1、メティ(フェヌグリーク)小さじ4分の1、べサール(ターメリック)小さじ1弱、ジラ(クミンシード) 2つかみ

 

作り方

①アル(じゃがいも)を洗って、大きければ半分に切り、300ccの水を入れてクッキングプレッシャーで7-8分茹でる。レンジでチンでもOKです。
②バンダ(きゃべつ)を洗って大きめの千切りにする。

③ピャーズ(玉ねぎ)は繊維にそってを薄切り、トマトを細切りにする。


④①のゆでたじゃがいもは皮を除いて1センチ角に切り、カーンクロー(きゅうり)もその位に切る。
 クルサニ(生の青唐辛子)を細く輪切りに切る。


⑤切ったものを順々に大きなボールにいれる。


⑥トリコテールを熱して、※を加えて、香り油を作る。
⑦アツアツの⑥香り油を⑤に加えて木べらで混ぜて、手でじゃがいもを潰しながらさらに混ぜる。

⑧空のフライパンで炒った黒ごまも加える。
⑨生ダニヤ(生パクチー)を刻んだものを混ぜる。
⑩最後にレモンを搾ってさらに混ぜて味を整え、器に盛る。

バンダ(キャベツ)のアチャールを食べてみる!

 

うーん、やっぱり美味しい!スパイスも効いているけど、レモンの酸味がさわやかでいくらでも食べれる!

サントス
生のバンダ(キャベツ)やカンクロー(きゅうり)が入るから、サラダみたいだね。ネパール料理にしては油も少ないし、ヘルシーだよね。
こぴら
うん、うん。パクチーが苦手な人も少しだけ入れると美味しいよ。

 

ネパール料理、エスニック料理に挑戦してみたい人はもちろん、少し変わった夏向けのサラダを作りたい人にもおススメです。

このアチャールは栄養バランスもよく、ボリュームもあるので、唐揚げやアジフライにこのサラダがあれば、1食完成します。みなさんもぜひトライしてみてくださいね。

 

スパイスを買うならこちらのセットがおすすめ

ネパール料理に欠かせないスパイス。わりと、どのお料理も使うスパイスは同じです。一度そろえてしまえば、いろいろなネパール料理に挑戦できますよ。

【本場インドのレトルトカレー】コロナ在宅でご飯ばっかり作ってるよーと疲れた時に(‘ω’)

次回予告 次回のダルバート講座は、“ボリ”と呼ばれる豆のタルカリの作り方を紹介します。日本では豆料理=面倒 というイメージですが、朝から計画すれば簡単に作れます(^_-)-☆

 

関連記事

こんにちは。サントスです。 今回はネパール料理基礎講座を開講したいと思います。 この講座はネパール料理の基本であるダルバートとは何か、どのように食べるかについて理解を深めていただく目的で開講いたします。 ①ネパールでの「食事[…]

Dal bhat in nepal
関連記事

ネパール旅行者の皆さん、お土産は何にしようかと旅行前から考えてこられたに違いありません。バラまき用のお土産でしたら、かさばらず、そんなに値が張らないものだとありがたいですよね。 あります!そんなお土産!…ズバリ“スパイス”です。 […]

indian border

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

 

この記事が良かった方、役立った方はぽちっと応援お願いします↓↓↓

この記事が気に入ったらいいね!してね♡