G-0V1GM1F06G

ネパール料理基礎講座⑤ レシピ:ネパールで一番人気のヤギカレー【カシコ・レト】

ネパール料理基礎講座も、これで第5回目となります。今回はネパール人にとって一番のごちそう【カシコ・レト】、つまり 【ヤギ肉のカレー】をご紹介します。今回はグルン族のサンタさんのレシピです。

ネパールではおめでたい席では、必ずこのカレーがふるまわれます。 1年に1回親族が集まるダサインのお祭りの時、そして結婚式の時です。 ヤギのカレーと聞いて日本人は一瞬ひるみます。でも食べてみると、ネパール人がこれを一番のご馳走としている理由がわかります。だって、美味しいのだから!

カトマンズで見かけたダサイン前のヤギの売買風景
こちらはタライで。ダサイン前、普段見かけない毛の長い山のヤギも売られていた

 

ネパールではカレーは付け合わせの一品です。 日本のように皿じゅうカレーだけを盛り付けません。 そうですね、直径5 CM ほどのスチールの器にこのカレーを盛り付けます。お店で食べる時は、このカレーのおかわりは有料となります。

それでは前置きが長くなりましたが、今回は【カシコ・レト】、つまり 【ヤギ肉のカレー】の作り方をご紹介します。

【カシコ・レト】、つまり 【ヤギ肉のカレー】の材料

可愛いのに食べてごめん…

材料 6~8人分

カシ 500グラム(一口大に切ったもの)

写真はラム肉です

玉ねぎ 中4個 トマト 中4 個、

※ダニヤ(コリアンダーパウダー) べサール(ターメリック) 各小さじ1と3 分の1,塩小さじ2

※※テースパッタ(月桂樹の葉)、ダルチニ(シナモン)、スクメル(カルダモン)、ブラックペッパーどれも6かけ

#ジラ(クミン)粒小さじ3 、とうからし4 本、ラスン(にんにく)中10かけ 、アドゥワ(しょうが)2 かけをシロウタでつぶす

【カシコ・レト】、つまり 【ヤギ肉のカレー】の作り方

レシピ

1,#(ジラ粒小さじ3 、とうからし4 本、ラスン(にんにく)中10かけ 、アドゥワ(しょうが)2 かけ)をシロウタでつぶす

または機械で細かくする

2, プレッシャークッカーにトリコテール(マスタードオイル、なければサラダ油で)大さじ6 入れて、あたためる。

そこに※※のマサラ(テースパッタ(月桂樹の葉)、ダルチニ(シナモン)、スクメル(カルダモン)、ブラックペッパーどれも6かけ)を入れて香りを出す。

3,玉ねぎをスライスしたものを加えて、茶色くなるまで炒め、洗ったカシを加える。

4,そこに※ベッサール、ダニヤ(ターメリック、コリアンダー)それぞれ各小さじ1と3 分の1,塩小さじ2 も入れて炒める。

5,トマトのスライス、(1)も加える。ここまで中火。

弱火にして7-8分。時々混ぜる。

6,水800CCを加え、圧をかけて4回シューといわす。

★日本の圧力なべの場合、圧がかかってから20分ほど。普通の鍋で煮込む場合は1時間ほど煮込みます。

7,味を見て、足りなければ塩コショウを足す。ギー(ギウ:ネパールのバター)またはバターを加えて攪拌して完成。

★すみません…完成したものを写真に撮り忘れました。ラー(-_-;)

コラムーーやぎと羊って同じなの?

 

変な質問ですが、ネパールで聞いた話では、やぎと羊は遺伝子的にはほぼ同じだとか。

毛がもこもこなのが羊、そして毛が短いのがやぎという認識。

今回私は日本で手に入れたラム肉で、このカレーを作りました。

そして結論…ヤギと羊はやはり別物です‼

どのように違うかと言うと、まず肉質ヤギは固くて弾力がすごくあります。皮も厚くヤギ肉が苦手な人は、この皮が苦手なのかとも思います。ラム肉は、割と柔らかめで牛肉と同じような食感だと思います。ヤギは食感に癖があるといえます。

そしてですが、ラム肉の方が癖があるようです。ヤギの肉はグレイビーと言ってルーのスープを食べた時に、何とも言えない旨味が広がります。この旨味は、牛のカレーを食べた時の旨みに、種類が違うけど私的には似ています。そしてラム肉の場合は、グレイビーの味もやっぱりラムの癖の強い味で、ちょっとラムが苦手な人は難しいかなと思いました。

日本ではヤギ肉が手に入りませんので ラム(羊)で作りましたが、やはりネパールの【カシコ・レト】、つまり 【ヤギ肉のカレー】をまた食べたいなー。

 

カシ(ヤギ肉)又は羊肉をどこで手に入るの?

ネパールではこの写真のようにカシ専門店は一目でわかります。グラム数と大体の部位を指定して購入します。

日本でわが家の近所の場合ラム肉ですが、OK スーパーで手に入ります。

ご近所のスーパーでラム肉が置いてあるお店を探してみてください。多分4、5軒に一軒のスーパーは置いているのではないかなと思います。

ネパール在住の皆さん、ぜひヤギ肉でカレーを、日本のラム好きの皆さん、ぜひラムカレーを作ってみてください。

トリコテール(マスタードオイル)を日本で安く手に入れる方法

ずばり、アメ横の大津屋さんの店舗で買うことです。

これまでアメ横の大津屋さん、ネットショップで利用していました。

ネットショップの中では、最安で新鮮なスパイスが買えるだけでもありがたいのですが、アメ横に行ってみてびっくりです。スパイス類がネットショップのさらに半額で購入できます‼このトリコテールも550円。

交通費の兼合いなどもありますが、お近くの方はぜひアメ横に行かれることをお勧めします。

★アメ横まで行けないよーという方はこちらでどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

 

この記事が良かった方、役立った方はぽちっと応援お願いします↓↓↓

この記事が気に入ったらいいね!してね♡